カンボジア飲食店経営事情:ALOHAのハナシ

ビジネス視察にきた日本人男性による悪質なバックレ行為を受けた話

投稿日:

久々の投稿でこんなことを書かなければいけないなんて…(/_;)

去年末、右腕ちゃんシニンのアロハ卒業以降、慢性的な人手不足が続き、ブログの更新どころかデスクワークもろくにできない日々が続いておりました。
ブログ再開の際には色々な報告踏まえ、皆様に楽しんでいただけるようなブログの執筆していくつもりだったのに、久しぶりに書く記事にこのような愚痴を書かなければならない事、このようなくだらない記事を書くために時間を費やすことを非常に遺憾に思っております…。

本来このような内部事情は伏せておくべきことだとは思いますが、このような事象は他の飲食店・他の業種においても起こりえることだと思います
相談させていただいた数名の方から、このような事は日本人の恥であるし、他店舗・他業種において日本人が同様のことを繰り返さないよう、日本人としてのモラルを守るよう、情報拡散のために投稿すべきだと言うアドバイスがありましたので今回の執筆に至りました。

お知らせ:今後、ALOHAONOではご予約の際に御社名・ご連絡先を頂戴します。

これまでにも、お席の予約をしたお客様がお見えにならないということは何度かありましたが、先週日本人としてのモラルを疑うような非常に悪質なバックレ行為がありました。

今回の件、ただお見えにならないだけなら「よくあることだ」「来なかったね」で済んでいました。ただ、何がタチ悪かったって、この方々、店にいらしたんです。
アロハを利用することなく、ご自分たちの荷物をアロハに3時間半おいていったんですよ…。

経緯は以下です。

5月某日、Mさんという方から
「7月の末にビジネス視察の後、フライトまでの空き時間に当店で食事をし、近隣のショッピングモールで買い物などをしたい。荷物を預かることが可能か」と言う問い合わせがありました。

これまでも、知人を含む一般のお客様にもそういった事は承諾してきましたし、
実はアロハ、今後はそういったサービスを『当店をご利用のお客様向けに』正式に展開していきたいと考えております。勿論、快諾させていただきました
また帰りの送迎も手配してほしいとの事や、お土産は何がいいかなどの質問にも対応いたしました。

これは私の落ち度にあたるのですが、Mさんご来店の当日はハワイ在住時の友人がシェムリアップにいると言うことで、10年ぶりの再会のためシェムアップへ弾丸日帰り訪問だったため、店舗にいることができませんでした。そのため日本語ができるスタッフと英語ができるスタッフには、こんなお客様が来るということ、荷物を預かること、送迎の手配が必要な事、お客様が来られたら私にメッセージを送るようにと伝えてありました。が、もし直接顔を見て対話出来ていたら、このような事態にはなっていなかったとは反省しています。



そして当日。16時半ごろにMさん達が到着。

19時ごろに戻って食事をする
10時前には空港に行くので車を手配してほしい

と言う、私からの言付けと同様のお話がMさんからあったそうで、
3つのスーツケースの写真と共に上記の連絡があり、私もMさんに「到着された旨スタッフから聞きました。何かありましたらメッセージにてご連絡ください」とメッセージ。一安心していました。

19時を過ぎ、店内の様子を見るためカメラを起動しました。
私が居ない日というのは、店が混むということがよくあるもので…笑
この日は、見事にすべてのテーブルが埋まっていました。

が、Mさん達のテーブルは空いたまま…。

7:30を過ぎてもMさん達のテーブルは空いたまま…。
「もしお客様になにかあったのならどうしよう…」

友人との食事も満喫できない状態でスタッフに「お客様が戻られたら、一応報告するように」と伝えました。

20時を過ぎ、Mさん達が戻られたとの連絡がありました。
しかし、席に座る様子はなく、スーツケースをとって店を出る準備をしているとの事。
慌てて店に電話をかけ、Mさんに取り次いでもらいました。

私はまず「このままお帰りになられるのですか?」と尋ねました。
「そうです。いやー、色々予定が変わっちゃいまして」とMさん。
私は改めて「当店でご飲食のご予定はないのでしょうか?」と尋ねました。
Mさんは「そのつもりだったんですけど、他で済ませちゃいました」と悪びれる様子もなく答えました。
私は再度、「スタッフからも連絡がありましたが、7時頃にはお戻りということでスタッフ一同心配しながらお待ちしておりましたが、ご飲食の意思はないということでしょうか?」と念を押しました。
すると「そんなことは言ってませんけど」とMさん、シラを切り始めます…

私はお荷物のお預かりはあくまでも、当店をご利用のお客様に対して好意で行っていること。
あくまでも当店は飲食店であって、荷物置き場でもボランティアでもないことをお伝えしたうえで、お席の方をご用意していたのだからお預かり料金という形でサービス料を徴収させてほしいと言う旨を伝えました。
(こちらの金額はあくまでも、でお食事をされた方が平均的に使う最低の金額を申し上げました)
「ちょっと待ってください」その言葉を最後に電話は切れました。

慌てて掛け直しましたが、スタッフの制止を振り切り、電話をおいて逃げるように荷物を抱えて去っていったとのことでした。

しかも、そのあとメッセージブロックしてます\(^o^)/良い歳こいた大人が恥ずかしく無いんでしょうか?

今回の事件において、スタッフ一同「日本人がこんなことをするんだ」と非常にショックを受けており、私は恥ずかしい思いでいっぱいです。いくら使っていってほしいとか、いくら置いていってほしいとかいうお金の問題ではありません。

「予定が変わって、あまりゆっくりできなくなってしまった。ごめんなさい」
そう言って珈琲一杯、ビール一杯でも飲んでいっていただけたら…正直それだけの小さな話で終わったのに…

当店では現在フィリピン人のスタッフも働いております。シェムリアップで再会した友人はスペイン人です。
日本人、カンボジア人、フィリピン人、スペイン人…お国違えど、満場一致で私と同じ意見です。
今回のMさんの態度にはそのような姿勢が微塵も感じられませんでした。

『相手の立場になって物事を考える』ということは日本では小学生の内に学ぶはず

Mさんにとって、アロハを予約した時間というのは【ビジネス視察後のプライベートな時間】であったかもしれません。でもMさんのプライベートな時間は私達からしてみれば真剣にお仕事をしている時間です。
ビジネスの視察に来た人が、なぜ他者のビジネスを顧みることができないのでしょうか?
細かいことをいうようですが、スタッフはMさんご一行への対応に労力を使っています。私だって問い合わせのメールの返信に時間を使っています。
なぜ、謝罪の言葉一つ、態度一つ見せて頂けなかったのでしょうか…。

小野
私が逆の立場だったら、こんなみっともな・・・(以下自粛)

あくまでも、経営的目線だけで言うと…

Mさん達のお席確保の間、1組はお席が無いためにお外で飲食、また別の1組は帰られたとのことです。
事実Mさん達のお席確保のために1組のお客様にはご不便をおかけし、1組のお客様は当店をご利用いただけなかったということです。
また、Mさんご来店のために日本語の話せるスタッフに休み返上でシフトに入ってもらっていました。

日本では宴会やコースのためお料理の準備をしていた飲食店に対し、連絡もなしにお客様がバックレるという悪質な行為のために閉店に追い込まれる飲食店もあるようです。
幸い今回のケースにおいて、当店がご用意していたのはお席のみでしたが、ALOHA ONOは小さなお店です。
情けないですが6年目突入の今を持っても、お客様のご来店が1組、2組しかないと言う日もあるほど波の荒い来客状況。満席になるというような日は一カ月に一度あるかないかです。
個人で自己資金のみで運営している以上、その日の売り上げが店舗の存続に直結してまいりますので、機会損失というのはMさんのご想像以上に死活問題です。

小野
そんなセコイこと、くどくど言いたくないので、日本人として恥ずかしくない行動してほしかったです…
今回、Mさんは私のブログも読んだうえでご来店を決められたと申しておりました。

ALOHA ONOは「ハワイアン」と言う冠を掲げている事、私のキャラクターなどからなんとなくおもしろおかしく、ゆるい感じで商いをしている…と誤解されている方もいると思いますが、プライドをもって真面目に営んでいる生業であるということは、私のブログを少しでも読んだ方であればお分かりいただけているはずだと思っていただけに非常に残念です。

小野
ふざけてるように見えても、生半可な気持ちならとっくに辞めてます…

今回の件から学んだこと

今後正式に【お荷物のお預かりサービス】 【空港利用者の送迎サービス】を展開していくうえでの問題点が浮き彫りとなりました。
これに気が付かせてくれるきっかけとなったこと、予約は信頼関係のみでは成り立たないということを学ばせてくださったことに関してMさんには心からの感謝を込めたいと思います。

小野
ありがとうございました

さて、早く楽しい記事の更新ができるよう頑張ります。

Mahalo nui loa

最後までお読みいただきありがとうございました♡

ブログランキングに登録しています。

順位が上がるとOnoの執筆意欲向上につながりますので

『面白い』『応援したい』と思ってくださった方は、是非クリックお願いします!

クリックすると、他のカンボジアの人気ブロガーさんの記事も読めますよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

         

拡散でもしてやるか

面白いと思ったら
Shareしてくださいな(*‘ω‘ *)

Twitter で

-カンボジア飲食店経営事情:ALOHAのハナシ

error: Content is protected !!

Copyright© Hawaiian Cafe&Bar ALOHAONO ~カンボジア/プノンペンで女単身飲食店経営中~ , 2019 All Rights Reserved.