カンボジア開拓編:生活

【是非】明日公開、エヴェレスト 神々の山嶺 真面目に映画レビュー【見て】

更新日:

ALOHA!! プノンペンの西の端で、
東南アジア一 岡田君への愛を叫ぶドキドキ ONOです。

今回は、カンボジア在住の方には全く関係がない話ですが、

{D90B61EA-3AC4-43E6-9941-F472787D323E:01}

明日公開の映画 【エヴェレスト 神々の山嶺】 のレビュー記事です笑
主演は勿論、岡田准一様、そして阿部寛さん。

こちら、夢枕獏さんの同名小説が原作で

{61F9A194-D666-4337-AC75-7DA686E09056:01}

映像化不可能とまでいわれた超大作!!

同じく岡田くん主演映画、「蜩の記」「永遠の0」共にカンボジアに居たため、DVDで我慢したのですが、
「永遠の0」はやっぱりスクリーンで見たかったと、非常に後悔しました。
なので、これはどぉ~~~してもスクリーンで見たいっ!と思ったのですが、

全国公開は3/12…
Onoの帰国は2/9…
どう考えても間に合わない…。

そんな折、なんともラッキーなことに2/4の試写会に行くことが出来、

{25783428-21A5-4386-8E44-5DDC91D52F3A:01}

一足早くこの映画を見てくることが出来ました!

実は、岡田君は抜きに 趣味として映画を見るのも大好きなOno
洋邦、大作、B級、C級問わず
多分今までに1000本近い映画を見てきてると思いますが、
スケールの大きさ、迫力、全てにおいて、
今まで見た中で ベストオブ邦画 と言い切れます!!!

私のブログに書いたところで販促力があるのかは全くもって不明ですが
試写会に行った際に
「皆さん(試写会に来た)が宣伝部長です」と岡田君に任命されたので
エヴェレスト宣伝部東南アジア支部長としては記事にしないわけにはいきませんのでwww
とにかく、この記事を見ている日本の方、タイミングよく帰国する方
騙されたと思って見てきてくださいwww
そしてあわよくば、Onoにパンフレットを買ってきてくださいwww

★別の映画レビューサイトにも書いた文面の転載ですが、以下真面目レビュー記事★

これは映画じゃない!

もはやアトラクションの粋です!

是非とも4Dで上映して頂きたい!いや、2Dでも4D並みの迫力です。
あっという間の2時間でした。

始終、鳥肌と震えが止まらず。
踏み出す一歩、ピッケル(?)を刺す瞬間…。
シーンの一挙一動から目が離せず、
思わず声を出しそうになる事も…。
眉間に何度も皺が寄り、開いた口がふさがりませんでした。

これまで何百本と映画を見てきていますが、
岡田君が大好きだという事を抜きに、
こんなに入り込めた映画は生まれて初めてかもしれません。
邦画の中ではベスト・オブ邦画です。

BGMの無駄遣いをしていないところがまた良い。

この映画の迫力はDVDなんかじゃ体感できません!
スクリーンで見なきゃダメ!絶対!

演者さん、スタッフさん共に命を張って作り上げたこの映画、
少しでも多くの方に是非感じて頂きたいです。

<岡田准一さん>
あえて言わせて頂こう!まったく面白くなかった!
素晴らしすぎる!
(記憶力に乏しい私はハッキリとお言葉を覚えていませんが、
岡田君が試写会のご挨拶で、「面白いと思った方は是非、そう広めて下さい」的な事を言っていたので)

この映画には我々の知らない、未だかつて見た事のない岡田准一がいます。

今までに演じた役の中で一番の 強い野心と探究心 を胸に抱き、
羽生さんとの出会いを通して強い「義」へと成長していく姿、すさまじい精神力。

上映後のご挨拶の、いつもの ほんわか した岡田君を見ると、
映画本編が夢か幻なんじゃないかと思えるほど。
難しい役どころ、見事に演じきったと思います。

本当に良い役者になったと、良い役を頂いたと…長年のファンはそう思います。

この役での経験を活かし、これからもどんどんステップアップして行って頂きたいです。

<阿部寛さん>
まさに、鬼気迫る迫真の演技!
山に取り憑かれた…いや、むしろ山に魂を売った漢というべきでしょう。

コミカルな役の阿部さんばかり見ているせいか、改めて阿部さんの演技の幅の広さに感銘を受けました。
表情での演技が本当に素晴らしいと思います。

日本を代表する名役者としてこれからもどんどん活躍して頂きたいです。

<尾野真千子さん>
山に登るわけではないけれど、待つ女という辛さ、歯痒さ。
難しいお役どころだったと思うのに見事に演じてらしたと思います。
ご挨拶での 穏やかそうなお人柄からはまったく想像もつきません。

車中で、深町を待っている時の思い詰めたような複雑な空気を創り出しているのがとても印象的でした。

以上、主要キャスト3名様への感想とさせて頂きます…

最後に、最近見た映画、 「凶悪」で、丁度 ピエール瀧さんが ものすっっっっごい恐ろしい役を演じてらっしゃったので、ご挨拶で 「汗が止まらない笑」と、ティッシュで顔を拭き拭き、ジャケットまで脱いじゃったりとお茶目な姿が見られ、とても和みました。

最後に、キャストの皆様、監督さん、スタッフさん、日本を誇る大作の撮影、本当にお疲れ様でした!

映画が好きな割に物忘れが激しい私。
自分自身の記録ということも兼ねて、見た映画をまとめているところですが、
キッチリレビューを書こうと思ったのは本当に久しぶりw

大自然の壮大さ、人の無力さ、挑戦するココロ
色んな物を教えてくれる映画で、本当にお勧めですよ!!

{9D0A041E-48A2-47D3-A933-AC4CF4A97EB5:01}
出発の前日ギリギリまで衣装と写真の展示を見てきましたが、
{4A34F034-513E-4BD7-9344-72D405072A19:01}
本当に撮影の過酷さが伝わってきました。
{B6457EC3-0334-4C8C-B8F3-F2B14F861E1E:01}


丁度タイミングよく 当店の日本語を勉強しているスタッフが
「一週間日本に行きます」 と言っていたので、
「オバサンがお金あげるから、この映画見てきなさい!!!」と説得していた時のヒトコマ
そして、後日この子の勘違いで日本行きは夏であることが判明する…。

「クメール正月はエヴェレストに行く!!!」なんて意気込んではいましたが、
調べてみたらめちゃくちゃ遠いし時間かかるしで…
いつか時間に余裕が出来たらの目標にしようと思います。


神々の山嶺(上) (集英社文庫)

新品価格
¥788から
(2016/3/29 16:58時点)

神々の山嶺(下) (集英社文庫)

新品価格
¥864から
(2016/3/29 17:17時点)

Mahalo nui loa

最後までお読みいただきありがとうございました♡

ブログランキングに登録しています。

順位が上がるとOnoの執筆意欲向上につながりますので

『面白い』『応援したい』と思ってくださった方は、是非クリックお願いします!

クリックすると、他のカンボジアの人気ブロガーさんの記事も読めますよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

         

拡散でもしてやるか

面白いと思ったら
Shareしてくださいな(*‘ω‘ *)

Twitter で

-カンボジア開拓編:生活

error: Content is protected !!

Copyright© Hawaiian Cafe&Bar ALOHAONO ~カンボジア/プノンペンで女単身飲食店経営中~ , 2018 All Rights Reserved.