カンボジア飲食店経営事情:ALOHAのハナシ

絆祭り2016 ウラバナシ③ -反省点②スタッフの自己判断が事故判断

更新日:

ALOHAの2016年絆祭出店レポ。いよいよ佳境です!!

出店レポ     はコチラ☆

ウラバナシ編①(価格設定)
ウラバナシ編②(反省点①読み誤り)

これまでの記事からお察しの通り、 ONOは基本的に放任主義です笑
特に今回のような現地人イベントはなおさら。(利益率も低いですし)

{2F3AB695-99D8-42CE-8E41-EAF19E71977E:01}

意外と彼女たちだけでもなんとかなりますし、ね!

私のやることと言えば、
・値段設定を考えたり
・POPを作ったり
・宣伝してみたり
・必要な物を書き出してみたり
・開催前の準備、開催中のスケジュール管理等。

どちらかといえばもっぱら 指示だし&裏方業務。

買い出しなども、スタッフに買い物メモとお金を渡して完全に任せているんですが
(ローカル市場行きたくないし笑)

今回、ここで ダブルチェックをしなかったのが、アダとなりました・・・・。

お祭り期間中は、バタバタするのは必至なので、あらかじめ買い出しは極力済ませておきたかったONO。
「三日間で最低これくらいは売れるだろう」 という目標の数字を立てたので、
その個数分の容器や備品は予め買い物リストに書いておいたはずだったんですが…

二日目になって かき氷娘が一言…。
「ボス!!!かき氷のカップとシロップが足りません!!!!」

「はぁぁぁぁぁぁぁぁ!?」

まさか、もう目標数売り切ったのかとパニックの私。

{54E33C19-EF97-426E-82A4-3B624A1AF602:01}

いや、そんなはずは無いんだけど…。

とりあえず二日目はあるだけを売り切り、帰ってすぐにシニン(右腕)に確認。
シニン 「本当にそんなに売れると思ってなかったから、少なめに買っちゃいました!!!」

オイコラ!!!!!!!

シニン「明日の朝買って届けます。」

…良かれと思って少なめに買ってくれたのかもしれないんだけど、
何なんだろう…この二度手間感…。
物資が届くまでの間、営業開始時刻も押すわけで…。

ただでさえ予想以上に餃子を作るという労力が増えた今、
手間は最小限にしたいのに…

かき氷のシロップだって、 
ONOは既製品のシロップだけでもいいのでは? と思っているんですが、
フルーツを煮込んだ自家製シロップ に、もの凄くこだわり…。

ロンガン(ライチのようなフルーツ)を一つ一つ剥いて、

{2B544700-8AEA-4148-BC2A-37D13D719DEF:01}

{1AF606FD-BAAD-4740-A890-FB65C62BD946:01}

夜な夜な煮込むシニンちゃん…。

他のスタッフは疲れて寝てしまった中、
一人で作業しているのを見て不憫に思って手伝いましたが…
ロンガンの値段を聞いたら、缶詰と大差なく…
「手間を考えたら、むしろ、缶詰買っちゃったほうが手っ取り早くない!?」と言う感じで・・・。

手を抜いていい場所と、手を抜いちゃいけない場所…容量が悪いというか…
この子達の手間をかけるポイントって微妙~にズレてるんだよな~…と、改めて感じました。

いつもいつも思うんだけど、
「Time is money」感覚が日本人と全く違うので、
これを教えていくのは中々大変です…。

ふぅ~・・・・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ←ここをクリックして頂けると、
              カンボジア生活ブログランキングの順位が上がって、
              Onoブログ更新継続への糧となります

              "ドンマイ!"
               と思ったら…応援にポチッとお願いします★
           

Mahalo nui loa

最後までお読みいただきありがとうございました♡

ブログランキングに登録しています。

順位が上がるとOnoの執筆意欲向上につながりますので

『面白い』『応援したい』と思ってくださった方は、是非クリックお願いします!

クリックすると、他のカンボジアの人気ブロガーさんの記事も読めますよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

         

拡散でもしてやるか

面白いと思ったら
Shareしてくださいな(*‘ω‘ *)

Twitter で

-カンボジア飲食店経営事情:ALOHAのハナシ

error: Content is protected !!

Copyright© Hawaiian Cafe&Bar ALOHAONO ~カンボジア/プノンペンで女単身飲食店経営中~ , 2018 All Rights Reserved.