カンボジア飲食店経営事情:ALOHAのハナシ

絆祭り2016 ウラバナシ① -価格設定-

更新日:

先日終了しました 絆祭り。
出店レポ         はコチラ☆

我々も毎年どのように工夫していこうかと試行錯誤している三日間にわたるかなり大きなイベント。

{30FDCFE4-ECC1-4F0C-A060-FA6098570A2B:01}

自分の記録という意味も含めて、今年の反省含め、価格設定の部分を二度にわたって振り返りたいと思います。

日カン交流イベントとはいえ、やはりメイン客層はカンボジア人。
価格に関して、やはりコスパ重視であることは拭い切れません。。。

去年「高い」「高い」と非難轟々だったモチコチキン(から揚げ)をはじめ…

餃子に関しては、3個 2000R(60円位)で どうでしょうか!?と相談するも、
「もう少し落とせませんかねぇ…」と、H口先生(メコン大学の)

ですよね…

{78AEAC55-1FEF-4474-B1ED-BCFCB352C436:01}

だって、大きなコロッケが横で同じ値段なんだもんwwww

とりあえず、カキ氷は既存の 3000R(75円位)で良いとして、
モチコチキン も頑張って500R(15円位)落とした 1500R(45円位)

となると…、餃子は…

手っ取り早い秘策として思い付いたのが、原価を下げること。。。
飲食店をやっている身としては、やはり味に妥協はしたくないところなのですが、
このままの材料で値下げしたら赤字必至…。

もう、これは ローカルプライスで妥協できる味まで下げるしかない!! ということで見直し!!

まず、簡単なのは皮。

{605E34D8-B285-4BE9-8019-56322270867C:01}

普段お店で提供している皮は近所の日本人の製麺屋さんにオーダーしているところ、
今回はスーパーで売ってる、ちょっと怪しいペラッペラな中華な皮にすることで 1/2までコストカット!

あとは、肉汁ジュワーの隠し味をナシ!!!!!!!

こうすることで、一つ 500R(約15円)まで下げることにしました。
余り大差ないけど…たかが5円…、されど5円…
カンボジア人にとっては大きな壁…かと思われる。。。

もともと、輸入食材を多く使っているので原価がうまく落とせてないアロハ。。。
ローカル向けの商売となると、たちまち恐ろしい数値になってしまいます。

日本人の許容範囲の値段で美味しさを貫くか
ローカルプライスに合わせて味を妥協するか…

難しい選択ですし、日本人の方には申し訳ありませんが、
今回はローカル向けに冒険してみることにしました。

結果、この判断は大正解。

{F53DF238-66C4-4BDC-B39A-60DD6F70140F:01}


安いということで、10個とかまとめて買う人続出で、飛ぶように売れる餃子。
はじめは「焼き」もやっていたのですが、揚げの方がスピードも速いし、
味もごまかしがきく(失礼)ということで、揚げ餃子オンリー。

自分プロデュースである飲食店において
「妥協」というのは絶対に許したくない選択ではあったのですが、
ああ、時と場合、ニーズに合わせての妥協も必要なのだと強く感じた部分でした。

数字としては、三日間でおよそ2000個以上(2500個近い)数の餃子が売れました。
「すごいじゃん!!大成功じゃん!!」
って思ったそこのアナタ!!!!!!!!

甘い!!!!!!!!!

次回、商品ラインナップにおける反省点。
乞うご期待!!!



ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。
              "めっちゃ売れてるじゃん!"と思ったら…
                応援にポチッとお願いします★
           

Mahalo nui loa

最後までお読みいただきありがとうございました♡

ブログランキングに登録しています。

順位が上がるとOnoの執筆意欲向上につながりますので

『面白い』『応援したい』と思ってくださった方は、是非クリックお願いします!

クリックすると、他のカンボジアの人気ブロガーさんの記事も読めますよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

         

拡散でもしてやるか

面白いと思ったら
Shareしてくださいな(*‘ω‘ *)

Twitter で

-カンボジア飲食店経営事情:ALOHAのハナシ

error: Content is protected !!

Copyright© Hawaiian Cafe&Bar ALOHAONO ~カンボジア/プノンペンで女単身飲食店経営中~ , 2018 All Rights Reserved.