世界開拓編:…という名の旅ログ

お盆休み・ラオス(噂の悪路を経て、バンビエンへ)

更新日:

今回の旅のハイライトと言っても過言ではないバンビエン!!

首都ビエンチャンと古都ルアンパバーンの中間にあることと、雄大な景色や大自然のアクティビティが楽しめることから、 途中の休憩スポット&バックパッカーたちのリゾートタウンとして知られていますクラッカー

別名ハッピータウンの異名を持ち、色んなレストランにハッピーメニュー(ハッピーになれる魔法の調味料入りw)があるというぶっ飛んだ町!

中々キテる町だなー…途中で一泊挟むかどうするか…

で、町のことを調べていると

ん??バンビエンに日本人がやっているハンバーガー屋さんがある???

なんですって!?

これ、絶対個人でやってるはず!!すげー気合入ってる人がやってるに違いない!!アップ

しかも、美しいブルーラグーンという天然のプールもあるらしいし

川沿いの夕陽は綺麗みたいだしラブラブ

更に、風景がドラゴンボールを彷彿させるとのことで、なんだかオラ、ワクワクすっぞ!!

これは、行かないわけに行かないでしょう!!

そんなわけで、滞在を決めたバンビエン。

バスで七時間、かなりの悪路と聞いていたので気合を入れて臨む…

隣の欧米人カップルの彼女が車に乗るなりすでにぐったりしとる!!!

これ、絶対マーライオンになるでしょ…

一抹の不安を乗せたバスは山道を突き進む…
悪路といえばまだ可愛らしいもんで、もうね、もはや拷問。

カーブなんてもんじゃない、左、右左、右の繰り返し。しかも時折上下。
間髪入れずにわけの分からないGがかかるもんで、重心をどこにおいたらいいのかまったくわからない!
踏ん張ってないといけないから寝ることすら出来ない。
そんな状況が一時間半続いて休憩。

相変わらずぐったりしてる彼女。
大丈夫かな?と見てると彼氏ポテチ買うてるし。

てか、食ってるし!!!

え?具合悪かったんじゃないの?

ポテチを食ってからどんどん元気になる彼女。

え?腹減ってただけ?

…どうりで⚪︎ブ……

と、ホッとしたのも束の間…
マーライオンの正体はなんと…

私でした叫び

いかん、ここでリバったら次の狭い街でマーライオンの汚名をきせられ、完全にこいつらに村八分にされる…

…意地でも…

いや、マジ無理。

ドアの横に乗ってて良かった。
私がドアから飛び降りるなり、バスはゆっくりと発車。
少し離れたところで待っててくれました。
(やはり対応に慣れてるのだろうか)

そんな苦行を6時間強いられ、21時過ぎバンビエン到着!!

またも雨!!!

私、今回どんだけ雨女w

降ろされたのは街の中心部。
オフシーズンだからかトゥクトゥクもいない。
ここからだとハンバーガー屋さんの方が近いはず。
チェックインする前に晩ご飯食べてってしまえと、そのままハンバーガー屋さんへ直行。

バックパック担いでキョロキョロしてると、早速ゆるーい黒人が話しかけてくる

「へい!どーしたんだい、ハニー?宿でも探してんの?」

私 「いや、宿じゃなくて日本人がやってるハンバーガー屋さんに行きたいんだけど、分かる?」

「おう!まかしときな!おう、お前ら日本人がやってるクールなバーガー屋はどこにあるんだ!?」
パーティーの輪に戻り、みんなに聞いて回って来てくれましたww

「バーガー食ったらパーティーしようぜ!戻って来なよ!」とか、なんかゆるゆる誘われ、 早速この街の洗礼を受けた気になる。

そんな彼のお陰で無事にたどり着けました!

photo:01



Whopping burger!!!

photo:02


photo:03



やばーい!ほんとうにでっかい!!!
マーライオンだったくせによう半分も食えたなってくらい、美味しい!!

さすがに全部は大きすぎたので、半分は翌日の朝頂いたけど、冷めてても美味しくて感動!

photo:04



そして、なにより念願の ノブさんご夫婦に会えた~!!!

お店の雰囲気からも伝わってくるようにとっても気さくで素敵なお二人。

失礼と思いながらも、普段自分がされ飽きてるような質問をどんどんしてしまいました…

なんでこんなところで?
って質問は、私ですら大概聞かれるけどプノンペンは仮にも首都。

バンビエンは交通手段が陸路の山路しかなく、ビエンチャンからは3-4時間もかかる。

しかも奥さん乗り物に弱いから街に出る度大変な思いをしてらっしゃるとか…笑

案の定、物流も整ってないから、仕入れも一苦労。

オフシーズン、ハイシーズンの差も激しいし

それでも、バンビエンの自然が好きで この土地を選んだと言ってるノブさん、たくましく支える奥さん!

なんかめちゃくちゃキラキラしてて、かっこいいわ~。
本当に来て良かったです!

やっぱり信念持つって大事!!

そして、ど厚かましくもホテルまで送ってもらい…
チェックインしたら部屋のドアにヤモリがたかってて…
部屋に入れず立ちすくんでいたら…

天気に恵まれなかった不運がここで解消される!

バンビエンでは川沿いのバスタブ付きの部屋でのんびり♪
と決めてたのですが…なんと!スイートルームに変更してくれる!!

photo:05



バスタブが室内にあるww

photo:06



しかも、ベッド三つ!!無駄!!!

早速約一年ぶりの湯船に浸かり、幸せを噛み締めました…
早くバスタブ付きのお家に引っ越したい…

iPhoneからの投稿

Mahalo nui loa

最後までお読みいただきありがとうございました♡

ブログランキングに登録しています。

順位が上がるとOnoの執筆意欲向上につながりますので

『面白い』『応援したい』と思ってくださった方は、是非クリックお願いします!

クリックすると、他のカンボジアの人気ブロガーさんの記事も読めますよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

         

拡散でもしてやるか

面白いと思ったら
Shareしてくださいな(*‘ω‘ *)

Twitter で

-世界開拓編:…という名の旅ログ

error: Content is protected !!

Copyright© Hawaiian Cafe&Bar ALOHAONO ~カンボジア/プノンペンで女単身飲食店経営中~ , 2018 All Rights Reserved.