世界開拓編:…という名の旅ログ

クメール正月〜ホーチミン二日目〜

更新日:

ホーチミンに来て感動したこと。
それは意外と都会であったことも勿論なんですが、
歩いていると 必ず日本語で話しかけられる!!もしくは、ちゃんと日本人って言ってもらえる

おそらく、それだけ日本人がカモられているということなのでしょうがw
プノンペンにいると8割方 チャイニーズorコリアン と言われ、ものすごーーーーくイライラすることが多いので、
(シェムリアップでは同じく大体日本人だとバレるので、プノンペン人の人の見抜けなさはなんなんでしょうw)

こいつは素晴らしい!!と思ってました。
はじめはね…w

初めての街、買い物を兼ねてお散歩しようとドンコイ通りへ向かっていると、モトバイのおじちゃんに、どこに行くの?と日本語で話しかけられる。
基本的には、プノンペンでもモトに乗らないポリシーの私。

勿論乗る気は全くないし、ツアーを頼む気もさらさら無いので丁重にお断りしていると、おっちゃん古びたノートを見せて来た。

見ると日本人からのお礼ノートで、
「はじめは怪しいと思ったけど、騙されたと思って彼にガイドをお願いして本当によかったです!彼のお陰でとても楽しい旅行になりました!」「あなたも今怪しいと思っていると思いますが、是非彼にガイドをお願いしてみてください!」という旨のメッセージがびっしり。

なるほど、確かに人の良さそうなおっちゃんだし、きっと本当にいい人なんでしょう。
でも、今回の私の目的は特別に観光したいわけではないからごめんね。と。もしまたホーチミンに来る機会があったら是非お願いしたい と言って別れました。

そして歩くこと5分…
また同じようにモトバイのおじちゃんに話しかけられる…
そして同じく差し出された

ノートwwwww

なるほどwwこれは手口なわけですねww

別にぼったくったり悪いことしてるわけではないし、きちんとガイドしてくれるんだと思う。
でも、今回私には残念ながらまじで必要ない(´・ω・`)

そんな感じて、丁重にお断りしてようやくドンコイ通りに到着。

うきうきショッピング気分になるとここで強敵が出現…

「ねぇねぇ、おねーちゃん!!1人なん??なんか予定ある~??」

!!!???

めっちゃ、ナンパ口調のモトバイ現る。
しかもめっちゃ、流暢な日本語で謎の西の方の言葉。

Ono「いや、今日はフラフラ買い物して歩くだけだから。ガイドはいらないよ。」

「そーんなこと言わないでさぁ~、俺が安いところ連れてってあげるよー!怪しくないよー!俺日本人だし」

∑(゚Д゚)はぁ!?

嘘だぁ!と言うOnoに、名刺と身分証みたいなのをみせるモトドライバー。
どうやら K松 というらしい。

photo:07


photo:02



なぜか日本名を持つベトナム人。

K松「ほーら~、嘘じゃないでしょ~!絶対楽しい旅行にするからさぁぁ~」

例の如くノートを見せられると、中には K松ちゃん最高!! みたいな内容がギッシリww

「いや、あんたがいいやつなのは分かるけど、本当に今回は1人で居たいんだわ。だからもし必要になったら連絡するから」

K松 「1人じゃさみしいやん~!一緒にご飯食べようよぉ~」

Ono「いや、本当にいいから。」

このやりとりの最中も、Onoはひたすら歩みを止めることなく。。
お店に入ったらさすがにいなくなるだろうと、お店にはいる…

10分後…
K松待機してやがるww

K松「ねぇねぇねぇ、次はどこ行くぅ~?」

Ono「だーかーら、いらないって。まじほっといてよ!!」

と言って違う店に入る。
店を出る。
またいる……orz

この不毛なやりとり、一時間ほど繰り返したでしょうかw
ドンコイ通り中をストーキングされ…

いい加減キレたところで、ようやくK松退散…

K松とのやり取りで疲労困憊な私。
今度日本語で話しかけられたら 「No! I'm not fa_kin Japanese!!」と言ってやろうと心に誓い、その日の目的、おフレンチランチを食べにお店探し。

事前調査によると、そんな距離でもなさそうなので、のんびり歩いて行くことに…
しかし、これが更なる不幸の始まりでした…

iPhoneの地図の場所に行くも、それらしきものは見当たらない…
オマワリに住所をみせるとこの通りをずーーーーっとまっすぐいけばいいとのことだったので、番地を頼りに歩く…

歩けども、歩けども、番地が中々減らず…
刻々と迫る一般的なランチの終了時間(そのころすでに13時過ぎ)
こんなことならマジでK松にたのむべきだったかもと若干後悔しはじめたあたりで、在住日本人発見!!

この店は知らないけど、次の角を曲がったところに有名なフレンチがあるらしいという情報をゲット!!

もう、この際食べれればなんでもいいですw

と、半ば凹みながら向かうと…

あったー!!!まさに来たかったお店!

コート・ダジュール!!!

素敵な一軒家レストランに、汗だくで若干場違いなOno…
しかも、ラストオーダー間際…なんか色々すんません。。

苦労したかいあって、お料理は本当に美味しく、

photo:04


photo:05



デザートのスフレは今まで食べたスフレの中で一番美味しかったかも!!

photo:06



本当に絶品★なんとかたどり着けて本当に良かったです。
 
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ランキング参加中。
               "とりあえず、ぼっちフレンチ食べれて良かったね!"
               と思ったら…ポチッとお願いします★

           

Mahalo nui loa

最後までお読みいただきありがとうございました♡

ブログランキングに登録しています。

順位が上がるとOnoの執筆意欲向上につながりますので

『面白い』『応援したい』と思ってくださった方は、是非クリックお願いします!

クリックすると、他のカンボジアの人気ブロガーさんの記事も読めますよ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

         

拡散でもしてやるか

面白いと思ったら
Shareしてくださいな(*‘ω‘ *)

Twitter で

-世界開拓編:…という名の旅ログ

error: Content is protected !!

Copyright© Hawaiian Cafe&Bar ALOHAONO ~カンボジア/プノンペンで女単身飲食店経営中~ , 2018 All Rights Reserved.